兵庫県の夏祭り・秋祭り

兵庫県の夏祭り・秋祭り

海神社 秋祭り

海神社 秋祭りは、毎年10月10日~12日の3日間、兵庫県神戸市垂水区の海神社で行われる秋祭り。氏子崇敬者の繁栄・海上安全・農業繁栄・水産豊漁を祈願する3日間かけて執り行われる祭り。10日の宵宮祭、11日の例祭が神社で行われ、12日には垂水漁港で海上渡御祭が行われ、御座船に乗った神輿が、20数隻の船で海上を渡ります。
兵庫県の夏祭り・秋祭り

高砂神社秋祭り

高砂神社秋祭りは、毎年10月10日と11日の2日間、兵庫県高砂市の高砂神社で行われる例祭。屋台の練り合わせのほか、昔から名高いのが船渡御神事(3年に一度)が行われます。宵宮の10日、神社を出立した神輿が町内を練り歩いて船着き場に集結、船渡御が始まります。
兵庫県の夏祭り・秋祭り

日吉神社大祭

日吉神社大祭は、毎年10月体育の日の前日、前々日に 兵庫県加西市の日吉神社で行われる秋祭り。滋賀県大津の日吉神社の御分霊を祭る一社で、周辺地域より6基(以前は7基)の神輿が集まり、境内での6基の神輿による巡行は勇壮。6基の神輿の練る様は、秋の実り豊かな稲穂が揺れる様を示します。
兵庫県の夏祭り・秋祭り

小松原三社大神社秋祭り

小松原三社大神社秋祭りは、毎年10月体育の日の前々日・前日(土・日)に、兵庫県高砂市の小松原三社大神社で行われる秋祭り。呼び物は江戸時代から伝わるという仁輪加太鼓。鎌倉時代中期、小松原盛忠により築城された小松原城のあとにある神社。舞子、乗子、練子の囃子や唄と掛け合いながら寸劇を展開していく。
兵庫県の夏祭り・秋祭り

米田天神社秋祭り

米田天神社秋祭りは、10月の体育の日の前々日・前日の土曜日・日曜日に兵庫県高砂市で行なわれる秋祭り。加古川市の泊神社の分社として、宮本武蔵の養子で小倉藩家老の宮本伊織が再建したといわれる米田天神社。毎年、大人屋台、子供の神輿などが町内を練り歩き、祭りを盛り上げています。
兵庫県の夏祭り・秋祭り

荒井神社秋祭り

荒井神社秋祭りは、毎年10月の体育の日の前の土・日曜日に、兵庫県高砂市の荒井神社で行われる秋祭り。最大の呼び物は、江戸時代から伝わる任仁輪加太鼓。少女が扮する着飾った舞子が踊りを舞い、乗り子、練り子の囃子や唄と掛け合いながら寸劇を展開していく。その内容は毎年変わります。
兵庫県の夏祭り・秋祭り

三番叟(秋まつり)

三番叟(秋まつり)は、毎年10月上旬に、兵庫県美方郡香美町で行われる秋祭り。「とうとうたらり、たらりらたらり」と、ゆっくり低い声の地謡ではじまる三番叟。「天下太平」「長久円満、息災延命」などの祈りをこめて、秋祭りの日に、香美町香住区内の6地区で氏神に奉納されます。
兵庫県の夏祭り・秋祭り

光三宝荒神社 献灯祭

日本三大荒神の一つといわれる光三宝荒神社 献灯祭は、和歌山県橋本市の光三宝荒神社では、毎年9月3日に無病息災・諸願成就を願う献灯祭が行われる。約2万本のろうそくと灯籠に火がともされ、境内は幻想的な雰囲気につつまれる。
兵庫県の夏祭り・秋祭り

久谷ざんざか踊り

久谷ざんざか踊りは、毎年9月15日に、兵庫県美方郡新温泉町で開催される秋祭り。全国各地に分布している「風流太鼓踊り」の一つで、久谷地区の久谷の氏神、八幡神社の例祭で「太鼓おどり」ともいわれ、神前や各家庭の庭で踊ります。
兵庫県の夏祭り・秋祭り

たかさご 万灯祭

たかさご 万灯祭は、毎年9月中旬に兵庫県高砂市で開催される祭り。兵庫県の歴史的景観形成地区に指定された高砂町周辺を中心に、歴史的建造物のライトアップや、6kmにおよぶ路地キャンドルが催されるほか、各会場でジャズの演奏やギャラリーの設置などが行われます。
タイトルとURLをコピーしました