京都・嵐山花灯路

スポンサーリンク

京都の夜を「灯り」と「花」で彩る「京都・花灯路」は、
2003(平成15)年に東山地域で始まり、2005(平成17)年
からは嵯峨・嵐山地域でも行われるようになった。
以降、「嵐山花灯路」では、嵯峨・嵐山地域で無数の
LED電球を使用した露地行灯の「灯り」とボリューム感
のあるいけばな作品の「花」で演出した、華やぎのある
散策路を創出。
また、渡月橋周辺一帯と、野宮神社から大河内山荘庭園
までをつなぐ竹林の小径もライトアップされ、「灯り」
と「花」で初冬の京都の季節感を表現する。

京都・嵐山花灯路

エリア・地域 京都 京都市内 嵯峨嵐山
基本情報
※非リンクは昨年の情報となります。
イベント名 京都・嵐山花灯路-2019
ロームが灯す 灯りと花の路
いけばなプロムナード
渡月橋周辺のライトアップ
竹林の小径(こみち)のライトアップ
嵐山ご当地キャラスタンプラリー
・嵐山花灯路オフィシャルグッズ
・長神の杜ライトアップ・恋灯ろう
・小倉池のライトアップ
コトノハ行灯
お絵かき行灯
・人力車・えびすけと撮ろう!記念撮影スポット
・嵐山花灯路de「花咲想(はなさかそう)」
インスタグラム投稿キャンペーン
・人力車・えびすけと撮ろう!記念撮影スポット
特別拝観実施の
寺院、神社、施設
常寂光寺
野宮神社
天龍寺
宝厳院
法輪寺
落柿舎
・嵯峨嵐山文華館
開催場所 京都府京都市右京区・西京区 嵯峨野散策路、
天龍寺周辺一帯の竹林の小径、
法輪寺~渡月橋周辺、
その他寺院・神社・文化施設
住所 京都市右京区、西京区
日時・期間 2019年12月13日(金)~12月22日(日)
開催時間
イルミネーション
点灯時間
17:00~20:30
※雨天決行
観覧費用
交通アクセス
公共交通機関 阪急:嵐山駅
嵐電(京福電車):嵐山駅
JR嵯峨野線:嵯峨嵐山駅
駐車場
その他の情報
 協賛事業  協賛事業はこちらを参照
お問合せ情報
お問合せ先名称 京都・花灯路推進協議会事務局
電話番号 075-212-8173 (平日10:00~18:00)
電子メール・
お問合せフォーム
公式もしくは、
関連ホームページ
http://www.hanatouro.jp/
arashiyama/index.html
主催 京都・花灯路推進協議会

【ロームが灯す 灯りと花の路】

イベント名 ロームが灯す 灯りと花の路
イベント内容 嵯峨・嵐山地域の水辺や竹林を含む自然景観や
歴史的文化遺産などを生かし、日本情緒豊かな
陰影のある露地行灯の「灯り」と、ボリューム
感のあるいけばな作品の「花」で演出。
ロームのLED電球を使用した露地行灯による、
あたたかみのある灯りの散策路をお楽しみ
ください。
開催場所 嵐山中の島公園から渡月橋を渡り、
天龍寺周辺一帯を通って竹林の小径、
嵯峨野散策路から二尊院に至る
周辺寺院・神社等

【いけばなプロムナード】

イベント名 いけばなプロムナード
イベント内容 灯りと花の路沿いの9箇所に大型花器による
ボリューム感のあるいけばな作品を展示します。
開催期間 前期展 12月13日(金)〜17日(火)
後期展 12月18日(木)〜17日(月)
開催場所 灯りと花の路沿い
主催 京都いけばな協会

【渡月橋周辺のライトアップ】

イベント名 渡月橋周辺のライトアップ
イベント内容 渡月橋と山裾、水辺などをライト
アップし、雄大で美しい夜の
自然景観を演出します。
開催場所 渡月橋

【竹林の小径(こみち)のライトアップ】

イベント名 竹林の小径(こみち)のライトアップ
イベント内容 野宮神社から大河内山荘庭園に
至る散策路の竹林をライトアップし、
幻想的な情景を演出します。
開催場所 野宮神社から大河内山荘庭園に至る散策路

【嵐山ご当地キャラスタンプラリー】

イベント名 嵐山ご当地キャラスタンプラリー
イベント内容 嵯峨・嵐山地域で活躍する、ご当地キャラの
スタンプラリーを実施!7つのポイントのうち
「必須ポイント2箇所とフリーポイントの
うち1箇所」の計3箇所以上スタンプを集めて
応募すると、抽選で旅館宿泊券やお食事券が
当たるかも。

【嵐山花灯路オフィシャルグッズ】

イベント名 嵐山花灯路オフィシャルグッズ
イベント内容 月明かりに幻想的に照らされた「渡月橋」や
「竹林の小径」、嵐山花灯路の北エリアの人気
スポット「長神の杜」をポストカードに
しました。
●オリジナルポストカード
費用 有料
販売場所 総合本部、中之島案内所

【長神の杜ライトアップ・恋灯ろう】

イベント名 長神の杜ライトアップ
イベント内容 北エリアの長神の杜をライトアップ。
コトノハ行灯、「いけばな」で美しく
演出します。またストーブを設置し、
カイロも配布します。
開催場所 長神の杜

【小倉池のライトアップ】

イベント名 小倉池のライトアップ
イベント内容 小倉池の対岸の木に光を当て水鏡の効果を
使ったライトアップにバージョンアップ。
開催場所 小倉池

【コトノハ行灯】

イベント名 コトノハ行灯
イベント内容 嵐山花灯路へのメッセージなどを紅葉柄の
シールに書いて大型行灯に貼りつける
参加型のイベント。
あなたのメッセージで行灯を彩ってください。
※各日シールが無くなり次第終了。
※雨天中止
開催日時
費用 無料
開催場所 長神の杜
(昨年の情報により要確認)

【お絵かき行灯】

イベント名 お絵かき行灯
イベント内容 会場で行灯デザインの用紙にイラストを
描いて、オリジナルデザインの行灯を作成し、
会場に展示できます。描いたイラストは、
その場で縮小コピーし、ミニチュア行灯を
製作。嵐山花灯路来場の記念としてお持ち
帰りいただけます。
日時 17:00〜20:30(20:00受付終了)
※雨天中止
費用 無料
開催場所 中之島公園
(昨年の情報により要確認)

【人力車・えびすけと撮ろう!記念撮影スポット】

イベント名  人力車・えびすけと撮ろう!
記念撮影スポット
イベント内容 竹林の中で素敵な写真を撮影できるスポット。
ライトアップされた竹林の中を散策して
いただきながら,人力車・えびすけと
記念撮影をどうぞ。
協力:えびす屋嵐山總本店
開催時間  17:00~20:00
開催場所  野宮神社北の竹林

【嵐山花灯路de「花咲想(はなさかそう)」】

イベント名  嵐山花灯路de「花咲想(はなさかそう)」
イベント内容 おもてなしと感謝の気持ちを込めて、
来場者に先着で「コスモスの種」を
プレゼントします。
※数に限りがございます。
協力:タキイ種苗株式会社
実施日  2018年12月8日(土)〜17日(月)
配布場所  総合本部・各案内所等
協力:タキイ種苗(株)

【インスタグラム投稿キャンペーン】

イベント名  インスタグラム投稿キャンペーン
イベント内容  Instagramに花灯路の写真を皆で投稿して、
賞品をゲットしよう!
応募方法 ①インスタグラム「kyoto_hanatouro」の
アカウントをフォロー
②嵐山花灯路の会場を巡り、
「#嵐山花灯路2019」を付けて、インスタ映えする
写真を投稿してください
※アカウントを非公開にされている場合は、
参加対象外となってしまいますのでご注意ください。
ご応募いただいた方の中から20名様に
素敵な賞品をプレゼントいたします。
応募詳細はこちらから
実施日 2019年12月13日(金)~2019年12月23日(月)
※嵐山花灯路開催期間翌日まで応募OK!

【人力車・えびすけと撮ろう!記念撮影スポット】

イベント名 人力車・えびすけと撮ろう!記念撮影スポット
イベント内容 竹林の中で素敵な写真を撮影できるスポット。
ライトアップされた竹林の中を散策していただき
ながら,人力車・えびすけと記念撮影をどうぞ。
協力:えびす屋嵐山總本店
開催時間 17:00〜20:00
場所 野宮神社北の竹林

【特別拝観実施の寺院、神社、施設一覧】

【常寂光寺】

施設名 常寂光寺 じょうじゃっこうじ
住所 京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
交通アクセス ・JR嵯峨野線
嵯峨嵐山駅下車 徒歩約15分
・京福電車
嵐山駅下車 徒歩約25分
・京都市バス・京都バス
嵯峨小学校前下車 徒歩約15分
・阪急電車
嵐山駅下車 徒歩約35分
施設説明 小倉山中腹の静寂な寺域は、天台四土最勝の
浄土である常寂光土に遊ぶかのようであること
から寺号となった。山門から仁王門、本堂、
多宝塔へと続く参道は、秋には紅葉のトンネル
となる。
山腹からの市内一円の夜景が見事である。
建立:1596年
夜間特別
拝観時間
17:00~20:30(20:00受付終了)
通常
拝観時間
9:00~17:00(16:30受付終了)
拝観料 大人500円・小学生200円
(昼・夜間共通)
公式もしくは、
関連ホームページ
http://www.jojakko-ji.or.jp/

【野宮神社】

施設名 野宮神社 ののみやじんじゃ
住所 京都府京都市右京区嵯峨野宮町1
交通アクセス ・京福電鉄嵐山本線
「嵐山駅」下車、徒歩約10分
・JR嵯峨野線
「嵯峨嵐山駅」下車、徒歩約10分
施設説明 平安遷都後、伊勢神宮の斎宮に選ばれた
皇女が1年間ここに籠って精神潔斎をする
習わしがあった。付近に産する竹を
「野宮竹」という。祭神は天照大神。
嵯峨野めぐりの起点でもある。
建立:800年頃
夜間特別
拝観時間
日没~20:00(受付終了)
通常
拝観時間
9:00~17:00(16:30受付終了)
拝観料 期間中、斎宮行列写真展(無料)、
奉納演奏(無料)を実施予定。
公式もしくは、
関連ホームページ
http://www.nonomiya.com/
index.html

【天龍寺】

施設名 天龍寺 てんりゅうじ
住所 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
交通アクセス ・京福電鉄嵐山線
「嵐山」駅下車前
・JR嵯峨野線
「嵯峨嵐山」駅下車徒歩13分
・阪急電車
「嵐山」駅下車徒歩15分
・京都市バス
11、28、93番で「嵐山天龍寺前」下車前
・京都バス
61、72、83番で「京福嵐山駅前」下車前
施設説明 臨済宗天龍寺派の大本山。
1339年夢窓国師を開山として創建。
室町時代には京都五山の第一位。
日本で最初に史跡・特別名勝に指定され、
1994年世界文化遺産に登録された。
夜間特別
拝観時間
(夜間参拝なし)
通常
拝観時間
8:30~17:00(17:00に閉門)
参拝料 大人500円・小中学生300円
※諸堂参拝300円追加
※法堂特別公開500円
公式もしくは、
関連ホームページ
http://www.tenryuji.com/

【宝厳院】

施設名 宝厳院 ほうごんいん
住所 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36
交通アクセス ・JR嵯峨野線
「嵯峨嵐山駅」下車徒歩10分
・京福電鉄嵐山本線
「嵐山駅」下車徒歩3分
・阪急「嵐山駅」
下車徒歩10分
・京都市バス28番、
「嵐山天龍寺前駅」で下車、徒歩約5分
・京都バス72番、もしくは73番、
「京福嵐山駅前」で下車、徒歩約5分
施設説明 大本山天龍寺の塔頭寺院。
庭園「獅子吼の庭」は、嵐山を借景とした
広大な敷地の回遊式庭園。春は桜や新緑、
秋は紅葉と自然をそのまま活かした美しい
景色が広がる。特に秋にはくれないに染め
上げる境内一帯をライトアップ。
夜間特別
拝観時間
17:00~20:30(20:00受付終了)
通常
拝観時間
拝観は春・秋の特別公開時のみ
期間外は非公開
9:00~17:00
※受付終了:(本堂)16:30 (庭園)16:45
拝観料 大人600円・小中学生300円
公式もしくは、
関連ホームページ
http://www.hogonin.jp/index.html

【法輪寺】

施設名 法輪寺 ほうりんじ
住所 京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町
交通アクセス ・JR嵯峨野線
「嵯峨嵐山駅」下車、徒歩5分
・京福電気鉄道嵐山本線
「嵐山駅」下車、徒歩4分
・阪急嵐山線「
嵐山駅」下車、徒歩2分
・京都バス・京都市バス
「嵐山」バス停下車、徒歩3分
施設説明 和銅6年(713年)に元明天皇の勅願により、
行基菩薩が創建した古刹。
日本随一の虚空蔵菩薩の霊場。
その霊験は『今昔物語』などに記述される。
『十三まいり』の寺として知られる。
舞台から、京都市内が一望できる。
夜間特別
拝観時間
日没~20:30
デジタルカケジク ;17:00〜20:30
通常
拝観時間
9:00~17:00
拝観料 期間中 夜間舞台入場無料
公式もしくは、
関連ホームページ
http://www.kokuzohourinji.com/

【落柿舎】

施設名 落柿舎 らくししゃ
住所 京都府京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町20
交通アクセス ・JR嵯峨野線
嵯峨嵐山駅より徒歩15分
・阪急嵐山線
嵐山駅より徒歩約30分
・京都市バス・京都バス
嵯峨小学校前より徒歩約10分
施設説明 蕉門十哲の一人として名高い江戸時代の俳人、
向井去来の閑居跡。
庭にあった40本の柿の実が一夜のうちに
ほとんど落ちつくしたのが名の由来。
芭蕉が晩年当庵で名作『嵯峨日記』を著した。
庭には去来や芭蕉の句碑が立つ。
夜間特別
入庵時間
17:00~20:30(20:00受付終了)
通常
入庵時間
9:00~16:00
入庵料 大人200円(夜間)・250円(昼間)
公式もしくは、
関連ホームページ
http://www.rakushisha.jp/index.html

【嵯峨嵐山文華館】

施設名 嵯峨嵐山文華館 (旧・時雨殿)
さがあらしやまぶんかかん
住所 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11
交通アクセス ・JRの場合
山陰本線(嵯峨野線)で嵯峨嵐山駅下車、徒歩14分
・阪急の場合
嵐山線で嵐山駅下車、徒歩13分
・嵐電(京福電鉄)の場合
嵐山本線で嵐山駅下車、徒歩5分
施設説明 嵐山や京都の芸術・文化を紹介する総合博物館と
して2018年秋にリニューアルオープン。
嵐山にちなんだ日本画を紹介する
企画展「いまもむかしも 胸きゅん嵐山」開催中。
※企画展「いまもむかしも 胸きゅん!嵐山」
※常設展「百人一首ヒストリー」
夜間特別開館 17:00~20:30(入館は20:00まで・火曜休館)
通常
開館時間
10:00~17:00(火曜休館)
入館料 大学生以上900円
高校生500円
小中学生300円(昼夜共通)
公式もしくは、
関連ホームページ
http://www.samac.jp/

 

タイトルとURLをコピーしました